「化学系」の記事一覧

2019年ノーベル化学賞:リチウムイオン電池の開発で吉野彰氏ら3氏に ― 日経サイエンス

  2019年(令和元年)のノーベル化学賞が発表になりました。 今回,日本の吉野彰氏がリチウムイオン電池の開発で受賞されることになりました。 おめでとうございます。 情報源: 2019年ノーベル化学賞:リチウム・・・

熟練の研究者の「勘と経験」を誰でも簡単に再現 ― 理化学研究所

  熟練者の技術というのは,長年の経験とそれによって培われてきた勘というのが相乗効果をもたらしているのではないかと思うわけです。そして,その域に達するのは相当の研鑽が必要なものだと推察されます。 その技術を一般・・・

2019年7月31日ニュース「国際化学五輪で日本代表高校生が金2、銀2のメダル獲得」 ― SciencePortal

  先日の数学オリンピック,生物オリンピックに続き,今度は化学オリンピックです。 日本の高校生の能力は高く,理系分野でどんどんその能力を伸ばしていっていただきたいですね。 情報源: 2019年7月31日ニュース・・・

カーボンナノチューブを強くする構造を特定 京都大学らが世界初の直接測定に成功 -― 大学ジャーナルオンライン

  炭素の同素体としてはダイヤモンド,黒鉛(グラファイト),フラーレン,さらにはカーボンナノチューブが教科書に並んでいますが,今回はこのカーボンナノチューブのお話です。 カーボンナノチューブは日本で発見され,新・・・

ナノサイズの炭素リボン精密合成=次世代半導体など応用期待-名古屋大 ― 時事ドットコム

  炭素の同素体は,ダイヤモンドと黒鉛(グラファイト)とフラーレンというのが定着し,さらにカーボンナノチューブというのが追加され,科学の世界も日々変化しています。 少し前に「グラフェン」という名前がノーベル賞で・・・

水と空気からアンモニア 100年続く製法超えられるか ― 朝日新聞デジタル

  アンモニアの製法といえば,化学でお馴染みのあの「ハーバーボッシュ法」ですが・・・。 新たなアンモニアの製法が開発される可能性が出てきました。   情報源: 水と空気からアンモニア 100年続く製法・・・

サブコンテンツ
クリックで救える命がある。

このページの先頭へ